コラム
2020-05-13

葬儀の受付は何をして、誰に頼むべきか。

本コラムは弊社の現場スタッフが、東京の実情にそって、長年の経験に基づいて作成した独自の内容になっております。

今回のコラムは、打合せの際に御家族から質問が多い、葬儀の際の受付について説明していきます。

葬儀の受付をお願いする人選はいくつかあります。

たまに喪主の方が私が会葬の方をよくしっているからやります、と言われますが喪主が受付に立つことはほとんどありません。

喪主は葬儀屋さんとの打ち合わせや司会との打ち合わせ、また宗教者の方への御挨拶、御布施のお渡しなど式までに行う事がたくさんありますのでよっぽど人数が少なく、対応できる時以外は受付はまかせたほうがいいでしょう。

受付をお願いする方もそれぞれです。

大きい式の場合、窓口を分ける場合もあります。

会社関係や親族・友人などで区分けをするとスムーズに対応が可能になります。

家族葬の場合はお孫さんや親せきの方にお願いしたり、信頼しているご友人に頼む方が多いでしょう。

受付を頼まれた方は最低でも式の1時間前には会場入りし、受付・会計の仕方を葬儀屋さんから説明を受けましょう。

会葬者の方への対応や香典の受け方、また会計をする場合の役割分担など決めることは結構あります。

最近では家族葬が増えてきているのでお香典を開けないで計算などもせずにお香典を受け取るだけの場合もあります。

ただ、後日また金額によってはお礼をしなければならないので後程きちんと金額等は会葬カードに記入しておきましょう。

受付を頼む人数は葬儀によって異なります。

前もって人選を決めておくと慌てないですむので、なるべく早く声をかけておきましょう。

家族葬の場合(10名~20名)受付は1人~2人で対応可能だと思います。今のこのウィルス騒動の中、人と人とが接触を行うことがリスクになってしまうのでできるだけ葬儀の受付も白手袋をしたり距離を少し置いてできるだけ少人数で行う事が葬儀の安全にもつながっていくのかなと思います。

我々葬儀社もできる限り皆様に感染のリスクを減らす為、試行錯誤してお守りしていけたらと日々努力してまいります。

皆様コラム記事はいかがでしたでしょうか?

本コラムは他のコラムとは異なる内容になっていたかと思います。

本コラムのお題・トピックについての意味をただ解説するだけでなく、その知識を知ったことで、いざ葬儀にかかわった時にその知識を活用できるよう心掛けて、経験豊富な葬祭スタッフが作りました。

しかしながらライターが作成したわけではありませんので、ご理解できない点や表現・語句の使い方が間違えているところも多々あるかと思います。

コラム記事について何かご意見やご不明がございましたら、お気軽に世田谷セレモニー株式会社までお電話いただければお応えさせていただきます。

受付時間午前10時から午後5時まで:専用窓口03-5316-9365

葬儀に使うお棺の重要性・種類

世田谷区の式場料金はいくらぐらい?

06:00分
現在お電話が繋がりやすくなっております。お急ぎの方も生前相談の方もお気軽にお電話ください。

関連記事

コラム
2018-12-28

ご遺体安置所とは

ご遺体安置所とは何らかの事情があり御自宅に帰る事が難しい方や、御身体の状態が心配な方がご遺体を預けられる施設になります。安置所の場所にもよりますが、おおむねお棺に納める事が条件になるところが多いです。ご遺体安置所によっては御面会ができる場所…

コラム
2019-01-11

献杯について少しご説明を。

葬儀後のお食事(精進落とし)などの際、献杯をするという風習が宗派によってはございます。喪主、または親戚の御意見番の方がよくされています。献杯は故人に敬意を表し、杯をあげるという意味があり、あまりグラスを高く上げずに隣の方とグラスを鳴らしたり…

コラム
2019-10-02

葬儀に使うマイクロバスの必要性

火葬場併設の式場ではなく、区民斎場・市民斎場・お寺さんの式場や葬儀社所有の式場を使用した場合、火葬場まで移動をしなければなりません。 そうなると人数にもよりますがマイクロバスが必要になってきます。お式に参列する人数が10名以下になれば…

葬儀の失敗談
コラム
2020-05-28

葬儀の失敗談 Part③通夜・精進落としの料理

本コラムは現在、東京の実情にそって弊社独自の内容になっております。 前回のコラムに引き続き、葬儀の失敗談part3を載せたいと思います。 ➀通夜料理の失敗 お通夜の料理は大体が大皿で、お寿司・オードブル・煮物・御新香…

コラム
2019-06-14

喪主になる人は誰?

一般的な考えでは、故人の配偶者が喪主になることがほとんどです。 古くは故人の後継者が喪主を務めることが定められてきましたが 現在はその意識が弱くなっていることから、故人の配偶者が喪主を務めることが多くなっています。 ただ、…

葬儀の想いはみんな同じじゃないから

お客様に最適なプランをご提案させていただきます。
まずはお電話ください。

悔いのない葬儀にするため、お話をじっくり聞かせていただきます。

東京、関東(神奈川・埼玉・千葉)一部なら最短30分でお伺いします。

ご危篤・お亡くなりでお急ぎのかたは、夜間・早朝いつでもお電話ください

0120-70-1194
24時間365日対応・生前相談もお気軽にどうぞ