コラム
2021-08-10

コロナで亡くなられた場合の葬儀・火葬について

コロナで亡くなられた場合の葬儀・火葬について

コロナで亡くなられた方が、どういう形で葬送をたどるか。いろいろと噂を耳にすると思いますが、ここでは世田谷セレモニーでお手伝いをさせていただいたケースをご紹介したいと思います。

まずコロナ感染後のご家族の面会においては、一切できなくなります。ゆえに亡くなった後も面会ができなくなります。故人様が帰ってくるのは御骨になってからとなります。

ではご逝去された後にどのような対処がなされるか説明いたします。

1.まず故人様のいる部屋に完全防護服を着た専門スタッフが消毒スプレーボンベを背負って入室し、部屋全体を消毒殺菌します。2.故人様を専用遺体特殊シートにお入れします。3.その後お棺にシートごと納め、棺の隙間という隙間をガムテープで目張りします。

4.納棺後、御遺体の保管・安置場所についてですが、火葬場や斎場ではお預かりをいただけないため、コロナ遺体専用保管所・安置所にいくことになります。5.火葬当日、コロナ遺体専用安置所から火葬場や斎場に移動・搬送されます。6.そして荼毘(火葬)にふされることとなります。※東京都内において火葬が可能な場所は3カ所となります。①都営瑞江斎場(江戸川区春江町3-25)。②区営 臨海斎場(大田区東海1-3-1)。③私営 落合斎場(新宿区上落合3-34-12)。火葬時間については、コロナ専用時間を設けられています。7.火葬後、御骨は葬儀社が家族様のところへお届けします。このようにコロナの御遺体の火葬については、通常の火葬の手順では行なえず、葬儀社も限られています。世田谷セレモニーでは一貫してコロナでご逝去された方の火葬のお手伝いをさせていただいております。ご用命は24時間専用フリーダイヤル0120-70-1194までご連絡をください。

杉並区の新聞に掲載!

11:33分
現在お電話が繋がりやすくなっております。お急ぎの方も生前相談の方もお気軽にお電話ください。

関連記事

コラム
2019-01-11

献杯について少しご説明を。

葬儀後のお食事(精進落とし)などの際、献杯をするという風習が宗派によってはございます。喪主、または親戚の御意見番の方がよくされています。献杯は故人に敬意を表し、杯をあげるという意味があり、あまりグラスを高く上げずに隣の方とグラスを鳴らしたり…

コロナ 葬儀 事情 喪主
コラム
2020-05-17

コロナ時期の葬儀は喪主としてどうしたらよい?

本コラムは弊社の現場スタッフが、東京の実情にそって、長年の経験に基づいて作成した独自の内容になっております。 今回のお題は「コロナ時期の葬儀は喪主としてどうしたらよい?」です。 今もなおコロナという非常に感染力が高いウィルスに…

コラム
2019-01-03

死亡後、一番初めに行う役所手続き「死亡届出」とは?

死亡届け出用紙とは死亡診断書と一緒に付いているA3用紙になります。死亡診断書は死亡確認した医師が発行します。死亡診断書を受け取ったら故人名・生年月日・死亡年月日、医師のサインが間違いなく記載されているか確認しましょう。死亡届け出を提出しなけ…

コラム
2019-11-06

出棺の際に行う釘打ちの儀とは?

釘打ちの儀は、棺のフタを閉め、葬儀社が半分打ち込んでおいた釘を家族が打ち込む儀式です。 仏式葬儀の場合は釘を打つ道具として、石が使われます。石は三途の川の河原の石を意味し、「故人が無事に三途の川を渡れますように」という願いが込められて…

コラム
2019-06-14

浄土真宗はなぜお線香を寝かせるの?

今回は浄土真宗のお線香の手向け方についてお伝えします。 皆様がよくお線香をお手向けする時は立てる事がほとんどだと思います。 ですがこれは宗派によって違いがあり、浄土真宗の場合は香炉に寝かせてお手向けするのです。 しかしなぜ…

葬儀の想いはみんな同じじゃないから

お客様に最適なプランをご提案させていただきます。
まずはお電話ください。

悔いのない葬儀にするため、お話をじっくり聞かせていただきます。

東京、関東(神奈川・埼玉・千葉)一部なら最短30分でお伺いします。

ご危篤・お亡くなりでお急ぎのかたは、夜間・早朝いつでもお電話ください

0120-70-1194
24時間365日対応・生前相談もお気軽にどうぞ